メールでのお問合せはこちら
大切な家族を送る特別なセレモニー 海洋散骨葬
初めての方

故人の火葬後のご遺骨を海に散布し供養致します。

日本では火葬が一般的ですので、故人の遺骨はお骨壷に入れてお墓へ納めるのが通常です。しかし近年、遺骨を自然に還す「散骨葬」が増加しています。散骨とは、亡くなられた方の遺骨をお墓に納めず、海や山などへ撒くこと。その形は、海や川、山中や野山、空や宇宙に散骨するなど多様化しています。

家族全員がひとつの想いで集い、ゆったりとした時間が流れる中、海に出航します。クルーザーが運ぶ心地良い潮風と太陽の光の中、多くの想い出と感謝の気持ちに改めて向き合う時が流れます。青い海と大きな空、美しい自然に囲まれて普段は感じることのない特別なひと時になるでしょう。
散骨葬というセレモニーの最後には献花が添えられ、大自然への新たな出発を見送ります。散骨葬を通じて、あらためて命の大事さを考え、前向きな気持ちで送り出す事ができたという想いも聞こえてきます。ご家族の絆を感じ、愛する家族を想い、偲ぶ特別な「セレモニー」になる事をお約束します。

こんな方が海洋散骨を選んでいます。

  • 墓じまいされた方
  • 今後、お墓の管理者が不在の時
  • お墓を所有されていない方
  • 身寄りがない
  • 故人が海好きの方
  • 故人が大自然が好きだった
  • お墓に費用をかけたくない
  • 故人の希望


TOPへ